バイアグラのジェネリックでコストダウン!

バイアグラ・ジェネリックで節約する

ED男性にとってもっとも頼りにしたいのがバイアグラ
しかし、1錠1,500円前後という決して安いとはいえない価格設定から、継続的な服用が難しいというケースもあるでしょう。

そんなときに注目したいのが、バイアグラのジェネリック医薬品です。
日本だけでなく海外でも展開されていて、さまざまなメーカーの商品から選ぶことが可能。
パワフルな勃起を実現してくれるバイアグラに多くの選択肢が現れて、ED治療の幅が大きく拡がっています。

ジェネリック医薬品とは

そもそも、ジェネリック医薬品って・・・?

はじめて利用する調剤薬局でカルテに記入する際、「ジェネリックを希望しますか?」という項目を見たことはないでしょうか。
ジェネリックとは後発薬のことで、特許が切れた薬剤を新薬の開発メーカー以外の製薬会社が製造・販売を手掛けています。

新薬の研究や開発には100~200億円という莫大なコストがかかっているのを知っていますか?
しかし後発であるジェネリック医薬品はすでに有効性がわかっている成分で作るため、開発費用の大幅カットが可能。
効く・売れるとわかっている薬を低予算で作ることができるので、販売価格も新薬と比べてかなりお手頃です。

医療費の大きな節約につながるとあって、ジェネリック医薬品はさまざまな医療現場で選択されるようになりました。

バイアグラのジェネリック医薬品は、泌尿器科やED専門のクリニックでリクエストして処方してもらえるほか、個人輸入代行の専門サイトでも購入OK。
(※個人輸入については、コチラで説明しています)

低価格が魅力のジェネリックですが、海外製はさらにリーズナブル。
通院の手間やストレスなしで安価なED治療薬が買えるのはうれしい限りです。

バイアグラのジェネリックを知ろう!

第1のED治療薬であるバイアグラは、多くのジェネリック医薬品が作られています。
日本では、東和薬品やキッセイ薬品などが「シルデナフィル錠」として販売。
先発薬の3分の2ほどの価格で購入できます。

海外、とくにインドではジェネリックの開発がさかん。
高い製薬技術が低コストで実現できるとあって、世界各国の製薬メーカーがアウトソーシングしているためです。

ジェネリックは先発薬と同じ有効成分から作られていますが、製造方法や過程が異なるため効果や副作用の現れ方に違いを感じる人も。
さまざまな商品を試してみて、自分にとって使いやすいバイアグラ・ジェネリックに出合えるといいですね。

カマグラゴールド

カマグラゴールド

インドにあるアジャンタ・ファーマ社製。
シルデナフィルの配合量は50mg、100mgの2パターンあり、「カマグラ50」や「カマグラ100」と呼ばれることもあります。

4錠1,830円というおトク過ぎる価格が最大の魅力。
「ジェネリックは使ったことがないけど試してみたい」「ED治療薬ではできるだけ節約したい」という人でも気軽に購入できるのがうれしいですね。

カマグラはシリーズ展開で、カマグラゼリーカマグラ発泡錠カマグラチュアブルといったさまざまな形状で製造されています。
大きな錠剤が苦手だという人は、ほかの商品も試してみてください。

 

バイスマ

バイスマ

インドのスマート社製で、4錠1,800円というお手頃価格。

スマート社では商品監修に日本人が携わっており、飲みやすい形状の錠剤や使いやすい包装、日本語で記載されたパッケージなど、海外製品でありながら日本人になじみのある作りです。

シルデナフィル100mg配合のみなので、効果や副作用が強く現れ過ぎる場合も。
慣れるまでは、ハサミやピルカッターで半分に割ってから服用するのがおススメです。

 

ピーフォースフォート

ピーフォースフォート

インドにあるサンライズ・レメディーズ社によるバイアグラ・ジェネリックです。
シルデナフィルを150mg配合しており、従来のバイアグラ系商品ではイマイチ効果が得られなかったという人にピッタリ。
日本ではシルデナフィル25mgと50mgしか商品化が認められていないため、容量が多く強力なED治療薬を求めていたという男性にイチオシの商品です。

 

スーパーカマグラ

スーパーカマグラ

バイアグラの有効成分・シルデナフィルにプラスして、早漏防止成分であるダポキセチンを配合したハイブリッド治療薬です。
EDを発症している人のなかには、早漏も併発しているケースも多数。
なかなか勃たないうえに早射ち・・・という悩みを1錠で解決してくれるのがスーパーカマグラです。
シルデナフィルだけを配合したグラシリーズと混同しやすいので、含有成分には注意してくださいね。